公開履歴
心配する女性

避妊薬服用後のイライラが治らない事は珍しくありません。
まず避妊薬には様々な副作用があり、吐き気や体調不良などが起こるケースは珍しくありません。
月経周期が正常化させる薬であり、長期的に見ればよい面もありますが、それでも効果が強いものです。
避妊に失敗したかもしれない状況で使う場合は、一日から三日の間に服用しなければならないためあれこれ考える前に産婦人科に行かなければなりません。
尚、身体的な影響は緊急時に使用する場合により強くなりますので、落ち込んでいる時に苦痛の大きな物であるといえるでしょう。

しかし、避妊薬の効果だけでイライラが治らないわけではありません。

まず、避妊薬の効果が判断できるのは次の月経が適切に来てからとなります。
そのため、効果が判定されるまでは悩みが大きくなり、不安が増大してしまいます。
三十日という期間の間にもし妊娠していたらと考えてしまったり、家族などにも相談出来ない苦しみを抱えてしまいます。
その時にパートナーからのフォローがあれば良いのですが、パートナーとしても関わり方がわからないケースが多く、結局疎遠になってしまうことすらあります。
関係が浅い場合はそのまま逃げられてしまうような悲しい事態も例としては存在します。
前述した様々な症状に加えて精神的にも参っている状態なので、イライラが収まらない事は珍しくないのです。

仮に月経が来たとしても、イライラしている状態はすぐに落ち着きませんので、どことなくしんどさを感じる場合があるのです。

そのため、避妊薬を服用しなければならない事態に陥らないようにする事が大切です。
パートナーの理解も非常に重要となりますので日頃から大切なことだと考えて話すようにしましょう。

記事一覧
避妊薬服用後の生理について

卵胞が発育する卵胞期には、卵胞ホルモンが分泌されて子宮内膜が増殖し厚くなっていきます。卵胞ホルモンの

2019年08月09日
通販サイトで買える避妊薬の種類と目的

真剣に付き合っているカップルでも、そうでないカップルでもお互いの気持ちを確かめ合うためにも性交渉をす

2019年05月17日
避妊ピルとダイエットピルの違いについて

ピルとは丸薬という意味を持つ言葉で、日本では経口避妊薬のことを指すことが一般的です。ダイエット用のピ

2019年07月13日
避妊失敗時に服用するならアフターピル

女性に取って、毎月訪れるはずの生理が来ないということは、身体に異変が起こっているということで、妊娠の

2019年06月26日
ゲスターゲン療法と避妊薬の購入について

ゲスターゲン療法は生理がなかなか来ない人に対して、人為的に生理を起こさせる方法のひとつです。具体的に

2019年06月01日
避妊用ピルの中でも効果の高いプラノバール

手軽にできる避妊方法としてよく知られているのが性交時のコンドーム着用ですが、実際のところ、これだけで

2019年05月03日